SC-01B/内覧会のご案内/内覧会レポート in 福岡 - SC-01B ドコモ SAMSUNG mobile サムスンモバイル

Top > SC-01B > 内覧会のご案内 > 内覧会レポート in 福岡

SC-01B/内覧会のご案内/内覧会レポート in 福岡

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

4350183479_6b91baf7de.jpg

2010年2月10日(水)、福岡にて2010年2月に発売予定であるNTTドコモのサムスン電子製Windows phone 「docomo PRO series SC-01B」の内覧会が開催されました。その模様をレポートします。
内覧会の概要についてはこちらをご確認ください。

タッチ&トライ

東京、大阪と同じく、福岡でも「早く触りたい」と参加者が受け付け開始前から来場。国内初の前面QWERTYフルキーボード&タッチパネルで、Windows Mobile 6.5 Professional(日本語版)を採用した「NTT docomo SC-01B」を今回はサムスン電子さんの協力のおかげで、タッチ&トライ用に18台設置できました。
参加したブロガーのみなさんはキーボードの感触やタッチパネルの反応を確かめたり、各々が持参したmicroSDを入れて画面キャプチャーを撮影したり、持参したソフトの動作をチェックしたりとタッチ&トライを楽しんでいたようでした。

http://farm5.static.flickr.com/4032/4350183553_8f0325f6fe.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2798/4350929842_6796ee5049.jpg

http://farm5.static.flickr.com/4009/4350929894_1e9b29becf.jpg

Windows Phone FANに関する紹介

SC-01Bに関するプレゼンに先立って、マイクロソフト株式会社モバイルコミュニケーション本部 石川大路氏より開会の挨拶がありました。
http://farm3.static.flickr.com/2697/4350929920_a716b8d982.jpg

続いて、残念ながら福岡開催に出席できなかったWindows phone FANのKATSUO氏の代理として、samsung mobile fan siteのKzou氏よりWindows phone FANの紹介が行われました。サイトのアクセス数は新機種発売のたびに増加傾向であり、平均してみても右肩上がりであることによってWindows phoneに対する関心の高まりを感じるということ。また2007年3月から始まった各種イベントや内覧会も前回開催までで延べ1,040人と多くのブロガーが参加し、ユーザーも増加傾向にあること。さらにWindows phoneを購入検討している皆様を大事にするというWindows phone FANの運営方針を説明されました。
http://farm3.static.flickr.com/2679/4350929944_ee513f0101.jpghttp://farm5.static.flickr.com/4068/4350929982_1f34ef974d.jpg

デバイスに関する説明

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ スマートフォン事業推進室 須藤裕章氏

続いて、各社の代表者からデバイスに関する説明がありました。株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモからは、大阪と同じくスマートフォン事業推進室の須藤裕章氏が登壇。内容はドコモとしてスマートフォンに力を入れ、発売する端末数(機種数)を増やしていくこと、また利用しやすいスマートフォン向けサービスがあることについてでした。
http://farm3.static.flickr.com/2556/4350930016_c2f5a71343.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2725/4350930044_58de580ab4.jpg

今回紹介されたスマートフォン向けのサービスは以下の3つです。

  • 1.あんしん あんぜん……紛失時に便利な「おまかせロック」に対応。
  • 2.かんたん……moperaU遠隔初期設定に対応。
  • 3.べんり……「iモード.net モバイルアプリ」に対応。オフラインでのメール作成。絵文字、デコメールなどiモードメールがそのままスマートフォンで利用可能。(要別途ダウンロード)

サムスン電子株式会社 端末営業部次長 阿部崇氏

次は、サムスン電子株式会社 端末営業部次長 阿部崇氏によるプレゼンでした。まずはサムスン電子についての説明で、現在同社は携帯電話の販売シェアがNOKIAに次いで世界2位。世界屈指の技術力でWindows Phone、 Symbian、 Android、 LinuxとあらゆるオープンOSの携帯電話をリリースしているそうです。

http://farm3.static.flickr.com/2682/4350183743_964ca09f82.jpghttp://farm5.static.flickr.com/4042/4350930092_4ae602e29d.jpg

続けて、SC-01Bの製品説明がなされました。ポイントは次の4つ。

  • 1. ストレートタイプのコンパクトボディにタッチパネル&QWERTYキー搭載
    • ひと目でわかりやすいアイコン表示で見やすいメニュー表示。指先でスムーズなスクロールとメニュー選択。凸型で押しやすいQWERTYキーによる文字入力に加え、タッチパネルでの文字入力や手書きメモにも対応。画像選択や拡大縮小もタッチパネルで思いのまま。キーボードにはショートカットキーが登録済み。例えば、スペースキーの長押しでウェブブラウザ(Internet Explorer Mobile 6)が起動する。一部のキーでは変更可能。
  • 2. Windows Mobile 6.5 Professional搭載
    • Windows Market Place for Mobileから多彩なアプリケーションの導入が簡単にできる。バージョンアップ通知や24時間以内のキャンセルも可能。またMy Phoneによるオンラインストレージ(最大200MB)が利用でき、データのバックアップやSNSでの写真共有、紛失端末の捜索などに無料で使える。ほかにはMicrosoft Office Mobile搭載でWord、Excel、 OneNote、 PowerPointの閲覧ができ、Word、 Excel、OneNoteは新規作成や編集も可能。Adobe Readerの閲覧やMicrosoft Exchange Serverとの連携にも対応する。
  • 3.FOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)と無線LAN(802.11b/g)対応
    • インターネット接続が高速で快適。Internet Explorer Mobile 6はFlashに対応していて、サイトの再現性にも優れている。また、画面の拡大縮小もスライダによる操作で簡単にでき、サイズの最適化もまた、ダブルタップだけで可能。またGPSを内蔵していて、Google Mapもあらかじめインストール済み。SMSやmopera Uメールをはじめ各種メールにも対応。Gmail/Hotmailはほぼリアルタイムにメールがプッシュされる
  • 4.便利で安心なケータイライフを実現する多様な高機能
    • メニュー画面はWindows Mobile 6.5標準のRevolver Menuのほか、サムスン電子オリジナルのSamsung WidgetPlusが用意されている。「かんたん連絡先」は日本の一般の携帯電話に近いスタイルで、連絡先から電話やメールが選べるなど、携帯電話として使いやすくなっている。ほかには画像閲覧ソフト「Photo Slide」や動画が再生できる「Kinoma Play」がプリインストールされている。さらにバックアップソフトとしてSprite Backupも搭載しているので、microSDカードにデータや設定をバックアップできる。

samsung mobile fun site Kzou氏

2009年11月プレオープンしたユーザー有志によるコミュニティサイト「samsung mobile fun site」についてもプレゼンテーションが行われました。このページではSamsung Mobileのデバイスに関するニュース、レビュー、使いこなし記事を中心にユーザー同士の助け合いサポートを行うフォーラム(掲示板)などを充実させていて、特に初心者に優しいサイトを目指し、Samsung Mobileの一般ケータイや海外での情報を扱っているようです。
また、現在は開発者向けに発売前のSC-01Bを貸し出す企画を検討中で、実現時には同サイトで応募の案内が掲載されるとのことでした。

http://farm5.static.flickr.com/4002/4350930106_d62f637170.jpghttp://farm5.static.flickr.com/4070/4350929774_2f829563a1.jpg

FDDM(福岡デジタルデバイスミーティング)

福岡独自の内容として、「FDDM」についても広報担当の山本からプレゼンテーションが行われました。FDDMの正式名称は「福岡デジタルデバイスミーティング」。
誰もが経験したことがあるだろう「相談する人がいない」や「話せる相手がいない」、「触ってみたいけど機会がない」などという不安をできるだけ取り除ける機会を設けようというのが活動目的で、“みんなでスマートフォン市場を盛り上げて行きましょう”という趣旨のようです。
現在毎月開催で、活動は参加しやすいような食事会といった形式をとっていますが、いずれは勉強会などもしたい模様。興味を持たれたかたは、下記の次回開催概要を参考に、ぜひ参加してみましょう。

  • 開催日時:2010年2月27日(土)18:00~
  • 開催場所;うどん・そば筑前(福岡市博多区博多駅前3丁目9番12号1F)
  • 詳しい情報はhttp://fddm.wordpress.com/まで。

http://farm3.static.flickr.com/2785/4350183811_82ec217b4a.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2719/4350930150_27ed075256.jpg

http://farm5.static.flickr.com/4003/4350183881_2fe2c0dffd.jpg

Q&A

最後に内覧会恒例のQ&Aが行われました。東京、大阪会場と合わせてご覧ください。

来場者からの質問

Q.他社にない機能を紹介して欲しい
A.前面QWERTYフルキー&タッチパネル搭載は日本初。ほかに日本で最大容量のバッテリー搭載や、日本オリジナルデザイン。DivXへの対応や「かんたん連絡先」搭載など。

Q.ShiftキーとAltキーがほかの海外同型機と違うが何か意図があるのか?
A.ntt docomo、samsungの間で仕様を協議するなかで決まった。意図は担当部署に確認中。

Q.Samsung WidgetPlusを増やせるか?
A.現時点では予定はない。

Q.海外にベースモデルのない日本オリジナルのモデルという解釈でいいのか?
A.そのとおりです。

Q.samsungとしてスマートフォンという路線を成長させていくのか?
A.NTTドコモと話をしながら決めていくので、今のところ何もお話しできることはない。

Q.カラーバリエーションが出る予定は?
A.現在のところ決まっていない。

Q.iモードのWEBサービス対応については?
A.iモード.netモバイルアプリ以外に対応予定はない。

Q.充電時間はどのくらいかかるのか?
A.最終製品版ではないので確定ではないが、現在の評価版で6時間ぐらい。

Q.FOMA補助充電アダプタは使えるのか?
A.現在の評価版で使えることは確認できている。発売時に総合カタログに対応一覧として公開する。

Q.Direct Push利用時はつなぎっぱなしなのか。
A.Microsoft Exchange Serverを利用する場合は、つなぎっぱなしとなります。

Web上での質問

Q.キーのDOWNとUP時のウィンドウメッセージは違うのか?
A.キーコードの返り値のことですか?samsung mobile fan siteで聞いてみてください。

Q.HSDPAで接続した場合に、どのくらいバッテリーが持つのか?
A.最終製品版での検証はできていないので現時点ではわかりません。

謝辞

今回、福岡での初開催にあたり、NTTドコモ様、サムスン電子様、マイクロソフト様、そして、開催の準備にご協力頂いた皆様、参加いただいたブロガーの皆様に感謝いたします。ありがとうございました。また次回も是非、よろしくお願いいたします。


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Sun, 14 Feb 2010 23:03:17 JST (2490d)